押し花画廊

押し花、時々水彩画のブログです。アートな気分で・・・・

日本の自然を描く展入選作品 「桜舞う」

前にお知らせした通り、きょう(8月14日)から18日まで、上野の森美術館で開催中の「日本の自然を描く展」に、私の作品が展示されております。

P4243408ブログ

この暑さでは、ちょっと違和感があるかも知れませんが、作ったのはちょうど桜の満開時の4月。舞う桜に思いを馳せながら、四苦八苦して作りました。遠くに霞む桜と、目の前に舞い散る桜の両方を入れるには、どういう構図にしたら良いか・・・・。
以前訪れた温泉街の坂道をベースに、遠い山々や石畳の階段、古い日本家屋などを作り上げていきました。
手前の桜も3度ほど作り直しました。手前をしっかり描くことで、遠近感が出るかと思って。

入選できて、良かったです。たくさんの油絵や日本画などに交じると、どうしても写りこみなどが生じて、弱く感じられるので。
それ以上に、絵としての完成度もまだまだですが。
難しいことかも知れませんが、こうした公募展で、良い成績を上げられるよう、もうひと頑張りしたいと思っています。押し花を知らない人に、押し花の良さを知ってもらえたらと、絵的にも認められるような作品を作っていきたいと思っています。

もし、ついでがありましたら、ご覧になってください。展示作品は中マットがグレーになっていますが、すぐにわかるかと思います。

使用した花: 桜、サクラコマチ、ライスフラワー、イエローアリッサム、ゴボウ、枯れ葉、シロタエギク、ユウギリソウ、コアジサイ、木の根、ぶどうの木の皮、他。
使用した額: 49額
スポンサーサイト

小さなブーケの額

ピンク色は好きな色ですが、あまりバックに使用したことがありませんでした。で生徒さんが作っているのを見て、可愛いなと思って、小さな額を作ってみました。21額なので、花も小振り。チドリソウをメインに使っています。

P8103902ブログ

クレッセント型のデザインですが、小さい額なので、花の量を多めに使って華やかな感じにしました。プレゼントの場合、明るい色合いのブーケや花束、アレンジメントなどが無難です。
樹脂額は軽いので、郵便で送ったりもできます。

使用した額: チドリソウ、ビオラ、エリカ、プミラ、アイノカンザシの蕾
使用した額: 21樹脂額

江ノ島 2

今回の目的の一つに、スパがあったのですが、江の島アイランドスパはあいにく修理中でお休みでした。8月からは営業になるとか。それで、新江の島水族館でのんびりすることになりました。

相模湾にいる魚。キンギョハナダイという綺麗な魚です。下唇が突き出たような表情がゆかいです。
P7273850.jpg

ハタタテハゼ 可愛い!
P7273858.jpg

小さいお子さんやお孫さんなら、ペンギンショーが楽しいでしょうね。イルカショーは、大人も楽しめましたよ。人間とのコラボレーションも珍しいかも知れません。お姉さんたち、歌・踊り・シンクロ・調教、すべてこなします。パワフル。

気がつくと良い時間になってしまったので、ちょっと早めの夕食を食べにいきました。水族館の近くのイタリアンは、まだ6時前というのにほぼ満員でした。運よく予約なしで入れましたが。シラスのピザ、ペスカトーレのパスタ・・・・おいしかったです!

これは、カニのから揚げを、レタスと皮につつんで、ソースをつけて食べます。北京ダックのカニ・バージョンと言ったらいいかな?私はこちら(カニ版)の方が断然好きです。
P7273859.jpg


外はちょうど日暮れ時。曇っていたのに、少し晴れ間が出て、結構綺麗な夕焼けが見られました。
P7273866ブログ

P7273873ブログ

P7273871ブログ

P7273880ブログ

帰りがけ、サーファーの男の子が、サザンオールスターズの歌を歌ってました。青春時代を思い出すなぁ・・・・。海って、いろいろな思い出を運んでくるんですね。波と共に・・・、なぁんて、ちょっとノスタルジックになってしまいました。

新宿から1時間ほどで来られる近さですから、また来たいと思っています。もちろん、江ノ電に乗って、鎌倉方面に向かうのも良いですね。

日帰りで、江ノ島へ。

江ノ島へ行ってきました。新宿から片瀬江の島までロマンスカーで一時間強、あっという間に到着です。連日の暑さから一転、曇り空で気温も30度以下。散策には最適です。

長い橋を渡ると、江ノ島に到着です。上り坂はかなりきついと聞いていましたので、無精をして、エスカー(有料エスカレーター)を使って頂上まで行ってしまいます。こちらもらくらく、あっという間に到着。
今回は一日だけ夏休みが取れた娘と、海を見ておいしいごはんを食べて・・・・くらいの気楽な日帰り旅行。楽できるところは楽しちゃおうと、ちょっと贅沢でものんびり、ゆったりの旅です。

頂上まで着くと、さすがに良い景色が広がります。
ヨットハーバー、優雅ですね!
P7273817ブログ

シーキャンドル(展望灯台)から。
P7273821ブログ
360度の視界に広がる海。夕暮れ時は絶景でしょうね。

サムエル・コッキング苑内のロン・カフェで、フレンチトーストを頂きました。
P7273823ブログ
席からは、海が見え、とても癒されます。味はもちろん! カリッ、モチッ、とした食感と、アイスクリームや生クリーム、上にかけたエスプレッソ・コーヒーのほろ苦さ。たまりません。

そこからは見晴らしの良いお店を左右に見ながら、15分ほど下って、稚児ヶ淵へ。夕日の美しさから神奈川の絶景50選にも選ばれた絶景が広がります。
P7273840ブログ

P7273831ブログ

P7273832ブログ

この先にある岩屋は、長い間の侵食によってできた洞窟。入口でろうそくを渡されて、中に進みます。ひんやりとした空気、時々水滴がしたたり、ちょっとした冒険のよう。

暗いところから出ると、海の広がりが一層感じられます。
このあと、弁天丸で10分の船旅。これまたあっという間に、江ノ島に着いてしまいました。
このコース、歩くとそれなりにきついそうです。でも今回は楽々。年配の方でも無理なく行けそうです。

この後、新江ノ島水族館へ。


涼しげなアクセサリー

連日の暑さに、早くもぐったりとしています。でも食欲だけはあるので、運動不足+水分オーバー+カロリーオーバーにならないよう、気をつけなくては。

教室で、アクセサリーを作りました。ストラップは結構可愛くできるので、プレゼント用にと、人気が高いです。でも、UVジュエル(市販ではレジン)を結構使うので、あんまり配っちゃうと、大変かも。
アクセサリーの方が、レジンの量は少なくてすむでしょうか。その分チェーンなどが必要ですが。

これは市販のを使って作ったもの。
P7033744.jpg

右のオレンジ色のサンタンカは、色がすぐにあせてきました。
でも青のバーベナはそのまま。やっぱりアクセサリーの花は、色持ちで選ぶべきですね。

押し花アクセサリー、結構活躍しています。

 | HOME |  »

プロフィール

ロージー

Author:ロージー
東京で押し花教室[アトリエMiyake]を開いています。体験教室も随時受け付けておりますので、気軽にお問い合わせください。
詳細は、下記のカテゴリの「押し花教室のご案内」をクリック願います。


カテゴリ

押し花教室のご案内 (1)
体験教室のお知らせ (2)
押し花 (153)
水彩画 (20)
入賞・入選作品 (1)
花 (17)
旅日記 (24)
その他 (19)

最新記事


ギャラリー

ブログパーツ制作

月別アーカイブ


フリーエリア


最新コメント


FC2カウンター


検索フォーム


QRコード

QR